Style 作者の意図通り解釈する事正いか間違う事よくあ

Style 作者の意図通り解釈する事正いか間違う事よくあ。「正しい」とか「間違った」とかがそもそも幻想です。芸術の解釈自由ないのでょうか 適当ネット徘徊ていて、某ブログクリックたら、記事の一つ

「絵画対する解釈人ぞれで自由だ主張する人いる間違っている」

「例えばムンクの叫びある 100人中99人叫んでいる絵だ解釈て、作者の意図違うので解釈間違いである」

「作者の意図通り解釈する事正い、か間違う事よくあるので気せず正い感想辿り着こう」

いう趣旨書かれてい(因み引用文思い出なら書いて)

疑問点、じゃあそそで解釈の余地あるのよって事
共通認識正解なら、予め答提示すればいいわけで、人々解釈させる必要ないでょう
解釈許されている時点で、解釈の自由既保有されているんちゃいまっか って

作者の意図オリジナリティーて保有するのええでょう
でオリジナリティー共通認識て保有する必要性ってか
そんなのただの答え待ちで、頑張って正解近づこう解釈するだけアホでょう アナと雪の女王。今日はピエール瀧さんのオラフの声が聞きたかったので 吹き替えで「アナと雪の
女王」を観てきました。 良かった訳注 には結晶化。具体化の意味が
ある。この歌のオリジナル歌詞がどうしても気になって。こちらに辿り着きま
した。良かれと思って正しいと思って責任感を持ってあたりまえのこととして
おねえちゃん業をやってきたからその通りで。誰かに とポンと肩を
叩かれて言われれば”上手くいかなかったけれど君はよくやったよ。

Style。なぜなら。ゴルフ上達に関する多くの常識が間違いであることに気づくからです
。 実は。綺麗そして。以下のようなことも試されたかもしれません。
ラウンドごとにスコアが安定しないのでスコアが伸びないばかりか。練習すれ
ばするほどボールが曲がっていく感覚に。私は。あなたと同じような練習環境
で育ったので。上達に悩むあなたの気持ちが本当によく分かります。自然に
身体に正しい動きを覚えこませる。筋肉の作用を発展応用したプログラムになっ
ています。文学作品の解釈と批評。うものである。&#;それまでは。解釈とは。作品における作者の意図を知る こと
であると考えられていたから。これは大きな転換であった。作者の意 図理解
することであり。批評とは「作品の現代の読者にとっての意味」

作者の意図と作品の解釈。作者の意図と作品の解釈の関係にかんする以下の論文がサーベイとして優秀だっ
たので内容をまとめておきます。ある文学作品にその意味を与えることに
かんして作者の意図が果たす役割についての理論と。あるテキスト=文字列
をひとつ慣習的意味と作者の意図する意味が食い違う場合には意図せざる
作品の意味を認めるわけなので。それと同じく多義的な慣習的意味の妻の『The。ここでは。わたしがプレイしている横で見ていた妻の観点が。あまりにも目鱗
だったのでまとめた。そんな妻が。ラストのあの意味深なシーンエリーの
を観て。こう言った。 』は。二つの解釈の仕方がある。
エリーがジョエルに「誓って」と告げるシーンの直前。こっそり腕の傷を
見つめていたことを指摘する。両者が人類のなれの果てなのであれば。どちら
にも与せず。お互いを大切な存在として最期を迎える。 となる。

文学解釈における価値最大化理論。[] スティーヴン?デイヴィスによるの論文「作者の意図。文学の解釈。
文学の価値」のまとめです。ライバル理論についても頁割いて検討している
ので。トピック全体のサーベイとしても◎です。現実意図主義では。いくらか
の正当な解釈の正当性を認められず。あるいは。仮説意図主義と価値最大化
理論の提起する懸念に対して主張を弱気。現実意図主義の主張を弱め。作者
によって明示的に意図されていないが正しい解釈があることを認める。

「正しい」とか「間違った」とかがそもそも幻想です。 作者の意図はかくかく。しかし、そう思えない、しかじかと感じた。 作者も感じた人も間違っていません。そのようにそれぞれが思うってだけのことで、 正しい、間違ったっていう判断を持ち出すのが幼稚というか、依怙地というか???。ムンクの絵はアレは聞こえてくる叫びに対して耳をふさいでる絵でしたっけ。しかし、顔をゆがめ口をあけている姿から描かれている人物が叫びをかき消すために自身も叫んでいるように見えてしまいます。そのように描かれているものを「作者の意図と違うから間違い」っていうのは乱暴としか言いようがない。描かれているものを見ろよって話です。 別にムンクのことで論争したいわけでありません。 間違いといいたい人は言っていいし、他人が間違っていると思うならそれを指摘しても別に問題でありません。言いたいことを言っていいです。ですが、その誰かが言ったことを直ちに鵜呑みにする必要はないというだけの話です。 解釈の自由。 表現の自由は日本国憲法で保障されていますから、はい。日本国内では保障されています。海外に行けばそれにより生活が阻害されたり、場合によっては生命に危険が及ぶ場合もありますが。 誰でも好きに解釈していいです。暴言を吐いてもそれにより実害が及ぶようなことでもない限りそれも自由です。 自由とはそういうことです。 貴方自身も反論する自由もあるし、ほかの人が違う意見を主張する自由もあるのです。自由とは無秩序のことです。無秩序の中で自分の考えを維持するのには意志の強さが必要です。 誰かに保証してもらっても、自分で自分を支える強さがないとすぐ不安になります。 強くなってください。 誰の意見でも違った意見でも受け入れる強さ、聞き流す強さを持ってください。 川の中の水草は流れに従い水に靡いても根を張りしっかりその場にとどまります。 自分自身の立ち位置を知っているからです。 受け入れ、逆らわず、しかし自分の立場を見失わないでくさい。 自分の立場がまだわからなくて、他の意見に同調したとしてもその中から賛成できることとできないことはちゃんと区別して自分で考えることを放棄しないでください。自分で考えればおのずと答えは出てくるのでは。谷川俊太郎の言葉を思い出しました。あるインタービューで、先生は、お作を読まれた読者がどのように解釈するか気になりませんかと問われ、即座に「読者の勝手です」と答えたということです。この流儀で言えば、ムンクはなんというでしょうね。私は絵画ではありません。が、作品は展示した時点で、作者を離れて、鑑賞する方の感性に委ねられるのではないでしょうか。何の芸術ても、作者の考えを余すことなく正確に現した作品なんて、説明書みたいではないですか?絵を見た人がどのように解釈しようが考えようが、そんなもの自由に決まってるじゃないですか。なんでどこの誰だかわからんおっさんに、「こう解釈しろ」と命令されなきゃならないんですか?そのブログ主、ちょっとアレですね。くだらない、本当にくだらない屁理屈。「解釈」の自由は、もちろん誰でも「保有」しています。作家自身が、描いたものの解釈を見る人にゆだねる。ただ絵の前で人それぞれに「感じるものを感じてほしい」という作家さんもいますし。ただ、何かを伝えたい。表現したい。という作家さんもいます。その人の絵を本当に理解するには、その人を理解することが必要になってくるような、それによって作品をより深く感じられるような作家さんです。>絵画に対する解釈は人それぞれで自由だと主張する人がいるがそれは間違っているえ!!と思いました。すごくキャッチーな出だし。でも、ブロガーさんは、間違った解釈を否定することなく>作者の意図通りに解釈する事が正しい、しかし間違う事はよくあるので気にせず正しい感想に辿り着こう???と書いています。’間違う事はよくあるので気にせず’ が大切です。間違った解釈を否定しないということは、「解釈」の自由を否定していないということではないでしょうか?=もちろん解釈の自由の余地は無限にあります。矛盾している???と感じたあたりで誤解がないでしょうか?ブロガーさんは<間違いの解釈>だからといって否定しない。それも自由ということです。ただ、そこにとどまるなよ???と。絵の前でなにか感じる?理解する。それは自由だけど、たとえ大勢の人が定説で正解を示しても、そうではない根拠がある場合には、それを知ったうえで作品を見ることのほうがより正しく作品に対して理解が深まる。???ということではないでしょうか。ムンクを例にして、定説を信じて、理解した気になって安心するなよ。っと。例えば、新しい発見などがあるたびにダビンチの特集がTVで放映されます。私なりの感動?感じ方は、定まっていますが、今までに十分な情報を得ていても、何かしら真実に近いものが新しく得られるならやはり知りたいと思いますし、作品に対しての思いに視聴後、変化があることもままあります。>100人中99人が叫んでいる絵だと解釈しても、作者の意図は違うのでその解釈は間違いであるという作者は、決して’共通認識が正解’とは言っていません。作家以外その作品に対しての本当の正解を知りません。作家は逆にその作品の生まれた動機?背景にかんして客観的に理解できていないかもしれません。むしろ、自分の今の理解で満足しないで自由な解釈を持ち続け、理解を深め続けよう。???といっているように私には思えるのですが。それって一過性の感動や、その時点での見聞きした情報で満足するより長く楽しめそうです。誰にとっても’保有する必要性’がある=必須とは思いませんが、少なくとも魅力を感じた作品?作家について私は少しでも多くをあるいは真実に近いものを保有したいです。そのブログを読んでいないので、このご質問文に書かれている内容だけでの解釈になりますが、その文章だと、作者の意図に対する「間違い」の存在は指摘していますが、「間違えてはいけない」とは言っていないみたいにも読み取れるかなと思いました。「間違い」という言葉を使うので否定的に捕われがちですが、飽くまでも、作者の意図に沿っていないというだけで、沿わない解釈もままあるが、気にするなと結んでいるのなら、おそらくは、「間違える作者の意図と異なる解釈をする自由」は認めている様にも思えます。つまりは、「作者の意図」と「鑑賞者の解釈」は、基本的には別ものなので、見た人が自由に解釈しても良いけれど、大衆の様々な解釈と作者の意図は別ものなので、「多数派の解釈」=「作者の意図」と混同しない様にね。ということを書いているだけなんじゃないでしょうか?そのブログに書いてある事も、あなたの意見も別の回答者の意見も正解だと思いますが???美大や藝大で教わる事って人それぞれですが、しかしアーティストになる為のいくつかの心得みたいなものは教わると思うのです。自分の経験を書けば???ある課題の講評会で先生からダメ出しをされた時、「だって???」と反論した事があります。その時に「もしプロになりたいのなら、だってという言葉を二度と使うな!」と言われました。作品は自分の手を離れた瞬間から一人歩きをするわけで、おまえは一生その作品の横に立って正しい意図を説明出来るのか!???というお叱りでした。つまり大抵のアーティストは、学生時代にそういう具合に教わるわけで、教わらなくても学生時代に必ず経験をして思い知るわけです。作品の解釈は観る人に委ねられるただし???30年前くらい?に公募展の大ブームがあった時、その1番大きな公募展を観に行った時、その時の大賞作品を観ていると、後ろから男性が近づいてきて突然に解説を始めた事がありました。その男性はその大賞作品を描いたひとで、実は数年前にはここの知恵袋にいた事もあるひとでした。その後、いろんなところでまた再会してますが???そういうひともいるわけで、世の中「絶対」という事はないのだなぁと思いました。もちろんその作品も展覧会が終わって出品者の元に返却されても、図録とか記録で後世に残るわけで、展覧会後にはその作品の解釈を作家は出来ないわけですけど???つまり、間違った解釈でも何でもいいわけです。あくまでも観るひとの自由です。しかし作家画家の方は、出来ればちゃんとした意図を横に付きっきりで説明をしたい!と思うひともいますし、学校で習った通り、それを期待していないひともいます。ただ世の中には「評論家」という職業もあるわけで、評論家のひとは正しいのか?そのひとの勝手な解釈なのかはわかりませんが、なんらかの「答え」を言うのが仕事なわけで、それを「信じるのも信じないのもあなた次第」でもありますし、ホントの真意みたいなものがあって、それを知って「なるほど???」と思って作品を改めて見直す???みたいなものも楽しみのひとつであるというだけの話です。大いなる勘違いがあります。疑問点は、じゃあそもそも何で解釈の余地があるのよって事です。解釈の余地があるという根拠は?作者の制作意図は一つに決まってます。

  • 『異常生物見聞録』日本語版が放送決定 異常生物見聞録で好
  • 韓国ドラマ そこで私は内緒で引き出そうと思いました
  • よくある質問 これは虫歯だと思いますか
  • 筋トレ不要 男性のお尻は硬い方がいいですか
  • 身長について 168?って小さいなと思いますか
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です