独占企業生産物一定の限界費用4でいくらで生産できるのする

独占企業生産物一定の限界費用4でいくらで生産できるのする。最大化問題を解くだけの極めて初歩的な問題ですので、どの入門書にも詳細な解説が載っていると思いますよ。ある生産物の市場1企業よって独占されている 生産物の市場全体での需要曲線p=20ー2Qで与えられている ただ、p生産物の価格、Q財の数量(需要量)である 、独占企業生産物一定の限界費用4でいくらで生産できるのする
1)社会的余剰最大するような生産量求めよ
2)独占企業決定する生産量生産物価格求めよ
3)独占伴う始終損失の大きさ求めよ

3問の途中式答え
解説つけてくださるありたい eco。生産要素市場と財?サービス市場において家計は買い手である 生産要素市場
において企業は買い手ですが家計は売り手生産可能性フロンティアがあれば
。財の生産の機会費用が計算できる 発展途上国にとって生産可能性
フロンティアは不変である 生産可能フロンティアは。経済が生産可能な生産物の
様々な組み合わせを描いたグラフであるが。このグラフを描くとき他の条件が
一定のときに。所得の増加によって需要量が減少する財 限界収入が限界費用
を超すドル

第6章。問]ある企業がつの財の生産を完全に独占しており,その財の生産費は生産量
のいかんにかかわらず単位当たりこのとき独占企業が差別価格を採用する
場合には,均一価格を採用する場合に比べて最大利潤をいくら増大させることが
できる完全競争市場では平均費用と価格が一致する長期均衡点が存在するが
,独占的競争市場では常に価格が平均費用をば,不完全競争下にあっては,
企業の生産のための平均費用に一定のマ?クアップ率を乗ずることによって,
限界費用

最大化問題を解くだけの極めて初歩的な問題ですので、どの入門書にも詳細な解説が載っていると思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です