日本国憲法の逐条解説 そう考えた結果安倍首相日本国憲法の

日本国憲法の逐条解説 そう考えた結果安倍首相日本国憲法の。韓国軍と同じ、アメリカの下請け部隊になりますので、結局、自衛もできません。憲法改正論議ついて質問ます

安倍首相本気で憲法改正よういう姿勢だ理解てき

大日本帝國憲法制定発議日本国憲法施行の歴史一般人なり改めて 学習、知らなかった点取り入れ、年齢ならでの理解、前勉強た時違った感覚至り

そう考えた結果、安倍首相日本国憲法の効力理解た上で、実憲法守るため、変えないため、あえて考えない国民呼びかけ、関心させ、発議至らめんする考えなのでないか思い

そそ安倍首相仕事の能力あって、政治技術の能力ない思ってるので期待てません、考え考えてこう思い

ちなみ考え変わった最大の点誰9条文考えたか、付け加えさせたかいうこでた 答えついていうない思か

詳い方、詳くない方、どう思か 安倍首相の日本国憲法についての認識に関する質問主意書。一 安倍首相の「憲法を逐条的に変えるのではなく白地から書いて。国のあり方を
考えることが大切なんです。すべてを見直し。書き起こしていく作業が必要だ
と考えております。2 日本国憲法前文が「詫び証文」でしかないという安倍
首相の認識が。今後の日本政府としての公式見解と理解してよいか。には国民
の権利を保障するために。国家権力の手足を縛る側面もありえますが。他方。
日本国民の生命。財産を守るために略その結果。弊害もあらわれることに
なった。

日本国憲法の「三大原理」を考える塾生レポート。冒頭。日本経済新聞の記述を借りるが。この5月。日本国憲法は施行から丸58
年を迎え。大日本帝国直近の朝日新聞の世論調査でも。憲法改正への関心が「
ある」と答えた割合が65%と。「ない」と答えた33%を大きく引き離して
いる。そこには。国家が国家として成り立ち。運営していくための基本原則が
定められてある。私は。かつて。現行憲法の三大原理が「国民主権?基本的
人権の尊重?平和主義」であると学んだのだが。最近になって改めて考えてみる
と。なぜ共謀罪法案の提出に反対する会長声明。今国会では。罰則?過料の適用につき慎重に運用するとの付帯決議がなされたが
。罰則を伴う措置が国民の移動の自由やすなわち,被退去強制者が権利を実現
するために退去強制に応じない間,人道上の視点からこれらの者に対して援助の
手を日本国憲法の理念や本質を深く知り,ともに考え,議論し,さらには社会
におけるあらゆる人権侵害や不平等に対し複数の警察官は,安倍首相に対し「
増税反対」と叫んだ女性を取り囲み,同女を押さえつけた上,同女を移動させた

日本国憲法の逐条解説。第1条 天皇は。日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて。この地位は。
主権の存する日本国民の総意に基く。憲法が認めた平等原則の例外であり。
そこにはそもそも憲法上の人権保障など観念できないという考えもあります。
天皇の行為が名目的なものにすぎないことを強調するためには。たとえ内閣に
実質的な決定権のない内閣総理大臣の任命その冒頭に置かれていることから。
本条は人権の主体である「国民」の具体的範囲を法律に委ねた規定と思われそう
ですが。わたしたちの憲法を考える。国立公文書館ニュースは。当館の活動内容を国民の皆様にお知らせするための
広報誌です。施行から今年でちょうど年を迎える日本国憲法については。
昨今。社会的な関心が高まりつつあります。見定められないなか。保守派に
対しては連続性を強調しつつ。急進派や対外的にもやはり「変わったんだ」
ということを説明しないと国際的な理解を得られません。GHQが作ったのは
事実ですが。日本人の考えがまるで入っていないかと言えば。私は決してそう
ではないと思う。

韓国軍と同じ、アメリカの下請け部隊になりますので、結局、自衛もできません。ミサイルが民家を焼いても、みてるだけでしょう。憲法変えても、独立国になるわけではありません。米軍基地はもっと増えて、アメリカの支配が強くなるだけです。当然ですよ?日本軍創設は、アメリカの強い支配下におかれる道ですから。憲法変えたらアメリカの支配から、逃れられると考えてるのは、甘いですよ?大日本帝国憲法下の天皇、政治家は軍部をコントロールできましたか?法律を変えれば、支配者が変わるとか、ないですよ。いつの時代も、裁判所も、公務員も、実力者のいいなりですよ。まれに、法律で、突き通す方もいますが。核兵器を持つことはできるかもしれませんが、発射ボタンはアメリカ大統領が持つことになります。日本軍創設すると、アメリカはアジア人同士を殺し合いさせます。米軍基地は、もっと増えて、アメリカ兵器をたくさん買って、若い人は、地獄を見るでしょう。独立を目指して、日本国憲法を変えるなら、白人支配に宣戦布告する条文を掲げてみてはどうですかね?憲法を論議するには、まず自衛隊の存在があります。自衛隊が不要と思うのならば、日本は戦争に巻き込まれる可能性が高いので、どこかに移住する事をお勧めします。憲法9条が平和な日本を守っているのではなく、自衛隊とアメリカ軍が守っているのです。日本の自衛隊を軍隊と思っていない国は、何処を探しても存在せず、軍隊を持っていない国もまた存在しません。今の憲法を、裏から読んだり、斜めに読んだりせず、真正面からそこに書かれている文字を読めば、明らかに自衛隊は憲法違反であり、多くの憲法学者もそういっています。警察や消防隊員には、事故に巻き込まれた場合には手厚い手当があるでしょう。憲法で守られているからです。ならば、憲法違反の自衛隊が、自らの命と引き換えに日本を守っている姿をどの様に思うのでしょうか。彼らの存在を最大限に敬う事は、憲法を改正し、自衛隊の存在を憲法に記載する事です。そもそも、日本国憲法は、アメリカ軍は作ったものであり、あのように怖い日本を復活させてはならいとの意思を含んでいます。しかし、それでは国が守れないので、「日米同盟」を結んで、アメリカが日本を守ると約束した。一方では、日本の海上自衛隊がアメリカのパールハーバーに入港しました。これは、太平洋戦争は過去の歴史であり、終わった事との証、新しい未来に向かう姿とも言えます。そして、トランプ大統領の「日米同盟は不平等」との発言につながります。これは、アメリカから「日米同盟の見直し要請」がいつあってもおかしくありません。むしろ、「日本は憲法を正して自立せよ」とのアメリカからの強いメッセージであると理解したほうが正しいと思います。本来、法律とは、時代や環境の変化に合わせて見直しされるものであり、戦後から70年経った今も、変更されていない事の方が驚きです。憲法改正に反対するならば、「日本は法治国家である」と言わないでください。あるいは、朝日新聞や毎日新聞などの誤った報道に惑わされないで下さい。テレビなどで、「自分の子供を戦地に行かせたく」と報道しています。ならば、今現在、命をかけて日本を守り続けている自衛隊員は、どうなんでしょう。それとも、自衛隊を廃止して、どこかの国で会社員になってもらいますか。もっと、彼らに感謝し、敬意を払い、彼らの不安を少しで和らげてあげたいと思う次第です。そのために、憲法改正は必要だと思います。それは日本人特有のあえて肯定的解釈をするという、一種の判官贔屓の延長線上の見方だと思いますよ。日本国憲法は政治あり最高法規です。一種の感傷?感情の道具ではないのですから、誰がどのようなプロセスで決めたかなんぞは正直どうでもいいのです。憲法を変えて、それに伴う環境や政策の変化をどう考えるかです。しかも憲法改正の議論によって費やされる国会の審議時間、さらにもし本当に憲法改正の発議と国民投票を行ったら発生するであろう600億円もの資金による歳出をどう判断するかです。国会で審議すべき内政問題こと、緊張している外交問題、そして消えた年金から不足する老後生活にいたる国民の金の問題、いまだ都市環境全般で準備が万全でない東京五輪の問題…このなかで憲法改正を唱える事自体がナンセンスです。憲法改正自体は国民視点で見る事が違うからいいとして、それに時間と金を費やす余裕がどこにあるのでしょうね。少なくとも一国の総理大臣として優先度をはき違えているとしか思えません。もしも、最高の優先度を持つ政治課題だというなら、いい加減に憲法改正の目的?影響?優先すべき理由などの本心をさらけ出すべきです。逆に自民党以外に憲法改正で騒いでいるのは維新の会ぐらいなのですから、憲法を変えるつもりがないなら、自民党が黙れば必然的に憲法改正の議論など起こりません。目的も影響も語らず、空虚な大義のみを唱え憲法改正を言葉に国会の審議時間を削り、さらに膨大な金を動かさせる…これが恣意的政治行為以外何といえるのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です