埼玉県平和資料館 本で連合軍ばら蒔いたビラの事詳く書かれ

埼玉県平和資料館 本で連合軍ばら蒔いたビラの事詳く書かれ。。太平洋戦争で連合軍ばら蒔いたビラついて調べた本読む機会あり
よるビラ基本的事実書いて内容信用させる方針だったいう事でた
太平洋戦線で日本 軍負け続けている書いただけで内容信用されない思われるので、中国で日本軍優勢いう記事入れるか
本で連合軍ばら蒔いたビラの事詳く書かれてい、大戦の初期日本軍ばら蒔いたいうビラついてほんど書かれていません
日本軍ばら蒔いたビラような方針の元ような事書いてあったのでょうか 終戦直前。それは。年日本本土へ米軍が投下したもので。原本を年以上。大事に保管
されていらっしゃいました。即ち東部戦線に在りし全ドイツ軍も西亜東欧の豪
。ソ連の反攻に際会して結局は全滅の憂目にあったと言う事も諸君の脳裏に深く
刻み込まれた事実である筈だ。伴い現在まで遥かに戦前に優る数的。質的陸軍
武容を回復充実し遂に対日連合戦線に一役買って出たのである。

昭和日本のおバカなテロと戦争昭和元年から敗戦まで第22話。○五?一五事件昭和年月日。犬養首相政友会射殺 海軍士官と陸軍
士官学校候補生。それに橘孝三郎の農本 主義団体が加わっての凶行。彼等の
スローガンは政党政治 打倒。満州国の承認。軍部独裁国家樹立といった点にあっ
たが。埼玉県平和資料館。伝単は。敵に対して反戦や厭戦思想を訴えたり。降伏を呼びかけたりするための
宣伝ビラ又はチラシのことであり。「宣伝宣撫戦が重くみられるようになるの
は。第一次世界大戦頃からで。前線の武力戦とは別に。敵の兵士や国民に向けて
。戦の一形態で。宣撫班が危険をおかして前線にバラまいたり。飛行機から
投下したり。ときには砲弾に詰めて発射した。任務は。謀略宣伝戦の中核で
あった大本営参謀本部第8課の所掌で。ここに伝単作成のための伝単班が置かれ
ていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です