古代典籍荀子 夫亦知所謂道乎,道無定名,故假於道路之道以

古代典籍荀子 夫亦知所謂道乎,道無定名,故假於道路之道以。A夫れ亦た所謂道を知るか。漢文の日本語訳お願います できれば訓読お願います 一応自分で考えた訳つけます、相当間違ってる思 本文、江戸時代初期日本亡命た中国人儒者、キリシタン弾圧た藩主あてた手紙のよう (A) 夫亦知所謂道乎,道無定名,故假於道路之道以為名,言天子諸侯啟之闢之,而卿士大夫遵之,庶民由之,聖人賢人由之,而愚夫愚婦亦由之,故謂之道也 今既無聖人賢人以由之,天下之路,豈有曠絕之時乎 自使異端邪說由之耳 故曰理勢自然,無足怪也 (そそ、いったい道知るこできるのでょうか 道決まった名前ありません だ道路の道かこつけて名前たの つまり天子や諸侯道よって啓蒙、卿士大夫道守り、庶民道従い、聖人賢人道従い、そて愚かな男性女性道従 ため道言うの ころ今聖人賢人いなくて道従 天下の路どうて断絶の時あるのでょうか 自然異端邪説従わせるの だ自然の成り行き言うの、不思議思いません ) ?箇所全文、よく分かりません (B) 司馬溫公曰,「天下之財,止有此數,不在民則在官」 吾亦曰,「天下之道,止有此數,不入於正即入於邪」 然此非君相之言也 君相者,造命者也,主張道理者也 台下專制一方,殺生予奪,皆出於手即不能化鄰國而不為異,奈不能制所制之方,而亦使之入於異端邪說乎 亦知異端之所以為異,而邪說之所以為邪乎 是非以聖人之道,懸其鑒而平其衡,則無由熄其焰而除其害矣 (司馬光(温公)「天下の財わずか数だけある 民なくて官ある」言い こう言いまょう 「天下の道わずか法則だけある 正義入らずて邪入る」 か、主君宰相の言葉でありません 主君宰相命令制定するの ()道理主張するの 貴殿ひたすら専制政治行い、民主の生命?財産ほいままて すべて貴殿自身出たのでば、隣国変えるこできません重用するこません なぜ制御ようて制御できないの、異端邪説入れようするのでょうか ぞ、聖人の道よって貴殿の教訓、貴殿の判断改めていただきたいの そうすれば、気勢めたり害除いたりする理由ないでょう ) ?箇所全て自信ありません、特 ●吾亦曰,「天下之道,止有此數,不入於正即入於邪」 ●君相者,造命者也,主張道理者也 ● 皆出於手即不能化鄰國而不為異,奈不能制所制之方,而亦使之入於異端邪說乎 難い (C) 台下既務其道,復恨眀師之鮮 果師之難遇乎,抑求之未得其道乎 郭隗曰,「今王將東面目指氣使以求臣,則廁役之材至矣 南面聽朝,不失揖讓之禮以求臣,則人臣之材至矣 西面等禮相亢,下之以色,不乘勢以求臣,則朋友之材至矣 北面拘指,逡巡謙退以求臣,則師傅之材至矣」 古人以西為上,故其言然爾 求臣而得師,尚如此,況明明而求師求傅者乎 (貴殿道追求ており、かつすぐれた師少ないこ残念思って、結局、師出会いくいの、そそ師求めようて未だ道得ていないでないでょうか 郭隗次のよう言い 「今王東側で眼くばせや手ぶりで臣下求めれば、便所の材料くるでょう 南側で政務聞き、謙譲の態度失わず臣下求めれば、臣下の逸材くるでょう 西側で対等扱い、へりくだって顔色うかい、時勢乗らないで臣下求めれば、友達の人材くるでょう 北側で拱手の礼、うやうやく控えめ臣下求めれば、先生の人材くるでょう 」 昔の人西上座 だよう言うの 臣下求めて師得るのでさえようなの まてや明徳のある者抜擢て先生求めるならなおさらのこ )孟子微。昔庄生称孔子之道,原天地,本神明,育万物,本末精粗,四通六辟,其运无乎
不在。后学各得论修学则养气而知言,始于资深逢源,终于塞天地。论治法则
若使人无此不忍人之心,圣人亦无此种,即无从生一切仁政。故知一切舜为太平
世民主之圣,文王为拨乱世君主之圣,皆推不忍之性以为仁政,得人道之至以为人
矩者。然总统得任群官,群官得任庶僚,所谓得乎丘民为天子,得乎天子为诸侯
,得乎诸侯为大夫也。今法。君子所性,虽大行不加焉,虽穷居不损焉,分定故
也。

古代典籍荀子。趣舍无定谓之无常。君子易知而难狎,易惧而难胁,畏患而不避义死,欲利而不
为所非,交亲而不比,言辩而不辞,荡荡乎其有以殊于世也。君子小人之反也。
君子大心则敬天而道,小心则畏义而节;知则明通而类,愚则端悫而法;见由则恭
而止,见闭则敬而善之为道者,不诚则不独,不独则不形,不形则虽作于心,
见于色,出于言,民犹若未从也;虽从必疑。是人也,所谓以狐父之戈钃牛矢也
。将以为智邪?则愚莫大焉;将以为利邪?则害莫大焉;将以为荣邪?《春秋左传·昭公》。叔孙豹会晋赵武。楚公子围。齐国弱。宋向戌。卫齐恶。陈公子招。蔡公孙归生。
郑罕虎。许人。曹人于虢。再合诸侯,三合大夫,服齐。狄,宁东夏,平秦乱,
城淳于,师徒不顿,国家不罢,民无谤讟,诸侯无怨,天无大灾,子之楚伯州犁
曰。“此行也,辞而假之寡君。对曰。“无道。”赵孟曰。“亡乎?”对曰。“何为?
一世无道,国未艾也。国于天地,有与立焉。不数世淫,弗能毙也。对曰。“鍼闻
之,国无道而年谷和熟,天赞之也。椒举言于楚子曰。“臣闻诸侯无归,礼以为归

The。余又以悲荀子術不用於當時,而名滅裂於後世,流俗人之口為重屈也。不敢謂於
荀書精意,有所發明,而於析楊謝之疑辭,酌宋元之定本,庶幾不無一得。是故
無冥冥之志者,無昭昭之明;無惛惛之事者,無赫赫之功。君子小人之反也。
君子大心則〔敬〕天而道,小心則畏義而節;知則明通而類,愚則端慤而法;見由
則恭而止,見閉則敬而齊;喜則和而是人也,所謂以狐父之戈钃牛矢也。將以為
智邪?則愚莫大焉;將以為利邪?則害莫大焉;將以為榮邪?則辱莫大焉;將以為
安邪?

A夫れ亦た所謂道を知るか。道に定名無し。故に道路の道を假りて以て名と為す。言うこころは、天子諸侯之を啟き之を闢き、而して卿士大夫之に遵い、庶民之に由り、聖人賢人之に由り、而して愚夫愚婦も亦た之に由る。故に之を道と謂うなり。今既に聖人賢人の以て之に由る無し。天下の路、豈に曠絕の時有らんや。異端邪說をして之に由らしむるに自るのみ。故に曰う、理勢自ら然り、怪むに足る無きなり、と。また、いわゆる道というものをご存じでしょうか。道には定まった名前はありません。ですから道路の道を借りて名前としています。天子諸侯はこれを開き、卿士大夫はこれに従い、庶民はこれにより、聖人賢人これにより、そして愚かな男女も同じようにこれによります。その様子が道路とそっくり同じなのでそれでこれを道と言うのです。今の時代、もはや道によって世を導く聖人賢人はおりません。天下の路がなくなる時などありません。ならばなぜ道による聖人賢人がいないのか。それは異端邪説に道を利用させているからなのです。だから理屈として当然そうなるのであり、不思議なことはなにもありません。B司馬溫公曰く,「天下の財,止だ此の數有り,民に在らずんば則ち官に在り」。吾亦た曰く,「天下の道,止だ此の數有り,正に入らずんば即ち邪に入る」。然れども此れ君相の言には非ざるなり。君相は,造命する者なり、道理を主張する者なり。台下一方を專制し,殺生予奪,皆な手より出づれば,即ち鄰國を化する能わざるは異と為さざるも,奈何ぞ制する所の方を制する能わずして,而かも亦た之をして異端邪說に入れしめんや。亦た異端の異たる所以,而して邪說の邪たる所以を知るや。是れ聖人の道を以て,其の鑒を懸けて其の衡を平にするに非ざれば,則ち其の焰を熄めて其の害を除くに由無し。司馬温公は「天下の財には定まった数量がある。だから、財が民間にないとすれば、それは官界にあるのだ。」と言っています。私もまたこう言いましょう。「天下の道には定まった数量がある。正道に入らなければ邪道に入るのだ」と。道路の幅は一定であり、異端邪説が道路を通行して塞いでいると、聖人賢人が道路を通れなくなる。しかし、これは君主や大臣の言葉ではありません。為政者ではない私なら、こういうことを言っても良いが、権力を持つ君主や大臣が同じことを言うのは無責任だ。君主や大臣は民に教え告げる者であり、道理を主張する者です。お殿様は、一つの国を統治しており、生殺与奪はみなお殿様の手から出るのですから、隣国を教化教導することが出来ないとしても、それは不思議ではありませんが、ご自分が統治しておられる国を制御できず、ましてこれを異端邪説の道にいれるなどありえましょうか。また、異端が異である理由、そして邪説が邪である理由をご存じでしょうか。異端邪説は、聖人の道によって鏡を掛け、秤を平にするのでなければ、その炎を鎭め害を取り除く方法がありません。※造にも命にも、「教える」「告げる」という意味があります。※一方とは一つの国、日本で言えばひとつの藩ということです。※専制というと、学校の社会科教育で悪というイメージを植え付けられますが、ここでは、むしろ良い意味で使われています。君主制度の世の中では、権力の弱い君主は国を乱し国民を苦しめるダメな君主です。強い権力を握って国内をきちんと治めるのが名君です。だから専制制を専らにするというのは権力を掌握して国内をきちんと治めるという良い意味なのです。戦後の民主主義教育、というより左傾化した教育では、君主=搾取者=民衆の敵=悪という刷り込みが行われますから専制政治=悪という思い込みが生まれます。専制政治=強い権力が悪であるというのは普遍的な価値観ではありません。時代によっては、それは善でもあります。いま憲法改正が議論されていますが、憲法は国家権力を縛るものだという野党の主張も、権力は民衆の敵だという左翼の考え方の典型と言えます。C台下既に其の道に務むるも,復た眀師の鮮きを恨む。果して師の遇い難きか,抑々之を求めて未だ其の道を得ざるか。郭隗曰く,「今王將に東面し目指氣使して以て臣を求むれば,則ち廁役の材至る。南面し朝を聽き,揖讓之禮を失わず以て臣を求むれば,則ち人臣の材至る。西面し等禮相亢し,之に下るに色を以てし,勢いに乘ぜずして以て臣を求むれば,則ち朋友の材至る。北面し拘指して,逡巡謙退以て臣を求むれば,則ち師傅の材至る。」と。古人西を以て上と為す,故に其の言然るのみ。臣を求めて師を得るに,尚お此くの如し,況や明明として師を求め傅を求める者をや。お殿様は既に道というものを修めることに努力しておられますが、また優れた師匠が少ないことを残念に思ってもおられます。しかし、師匠というのは本当に出会い難いものでしょうか。それとも、そもそも師匠を求める方法が間違っているから出会えないのでしょうか。郭隗はこう言いました。「今、王様が東に向かって人々を顎でこき使いながら臣下を得ようとすれば、雑用に向いた人材が来ます。南に向かって政治を取り仕切り、揖讓の禮を失わずに臣下を求めれば、臣下に相応しい人材が来ます。西に向かって対等の礼をおこない、表情をヘリ下り、権勢を笠に着ずに臣下を求めれば、友人になってくれる人材が来ます。北に向かって拱手し逡巡謙退して臣下を求めれば、師匠となる人材が来ます。」昔の人は西が他の方角より貴いとしたので、このように言ったのです。臣下を求めるという名目で師匠を得るのですら、このようにしなければならないのです。ましてはっきりと師匠を求める人ならもっとへりくだらなければなりません。D惟だ晚世の君のみ然為すには非ざるなり。周公は聖人なり。文王の子,武王の弟,而して當時天子の叔父。下る所の士七十二人。而して身ずから食飲を進むる所の者三人,此の如く勤めて以て之を求め,師を得ざる者有るか。故に周公の才の美は,今に至るまで稱せらる。此れは惟れ周公の能く自ら師を得て,然る後聖人の道明らかにして,聖人の道行わる。詩に曰う,「彼徂ゆく,岐に夷の行有り」と。尚お何の異端邪說か之れ其の藩を闖うかがいて其の害を溥しくを得しめん。況や敢て日新月盛を言うや。是れ台下に在りては之を意に加えるのみ。徒に求師學道の虚名を飾り,而して天下に厚誣して「吾れ師を求めて得ず」と曰う勿れ。後の時代の君主だけがそうしたのではありません。もっと古い時代の周公もそうだった周公は聖人です。文王の子、武王の弟であり、当時の天子の叔父です。聖人であり身分の高い周公でさえへりくだる相手が七十二人いました。そして周公自ら敬意を表して飲食を勧める相手が三人いました。周公と同じようにに努力して求めたのに師匠を得られないという人がいるでしょうか。そんなことはないでしょうですから周公の才能の素晴らしさは今に至るまで称賛されているのです。これは、周公が個人として師匠を得て、そのことによって天下に聖人の道が明らかになり聖人の道が行われたということです。詩経に「万民が行った。岐山の麓には従いやすい道がある。」と言っています。お殿様が周公にならって同じようにへりくだって努力して師匠を得れば結果としてお殿様の藩内でも聖人の道が明らかになり行われ、そうなれば、いったいどのような異端邪説がお殿様の藩内に入り込み、その害を広められるでしょう。まして異端邪説がはびこって日に月に盛んであるなどと言うでしょうか。お殿様におかれましては、このことに注意を払うだけで良いのです。空しく求師學道の虚名を飾り「私は師匠を求めているが得られないのだ」と天下を欺瞞してはなりません。手紙を送った大名が、謙譲の美徳を備えれば自然と良師を得ることができ、良師を得ることができれば藩内は自然と治まり、藩内が治まれば異端邪説=キリスト教がはびこることなどありえないということを言っているようです。

  • じつはNG 好きな人がまだ友達でいた方がいいような態度と
  • マザーオブパール 言うのは別にいいのですが言い方などが本
  • PS4ウイニングイレブン2021 CMFなのですがアイコ
  • ぎっくり腰 三週間は安静ということですが痛みがないので軽
  • ゴムが外れた 避妊はしていたのですがゴム有り中出しした後
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です