不等式の証明 数IIa,b共正で4a^3+b^3≧a+b

不等式の証明 数IIa,b共正で4a^3+b^3≧a+b。4A^3+B^3≧A+B^34A^3+4B^3≧A^3+3A^2B+3AB^2+B^3左辺ー右辺=3A^3+3B^3ー3A^2Bー3AB^2=3A^2A-B+3B^2B-A=3A^2A-Bー3B^2A-B=3A^2ーB^2A-B=3A+BA-BA-B=3A+BA-B^2A、Bともに正なのでA+B>0、A-B^2≧0∴左辺ー右辺≧0。数IIa,b共正で4(a^3+b^3)≧(a+b)^3 証明てください 数IIa,b共正で4a^3+b^3≧a+b^3の画像をすべて見る。不等式の証明。そこで,がよりも大きいとは,?の符号が正になることによって定義されて
いると考えるとよい.だけは要注意 正の数や負の数を足しても引いても
不等号の向きは変わらない. のときが正の数であっても負の数,
≧のとき,次の不等式が成立するかどうか調べてください.[] n乗比較
のとき=のグラフは単調増加関数になっており, 次ののいずれも
成り立ちます. , のとき相加平均 ,相乗平均 は両方とも正の数なので乗
比較できる.応用3つの3乗の和に関する因数分解a^3+b^3+c^3。応用つの乗の和に関する因数分解^+^+^- 年月
日ここでは。 ++? + + ? の因数
分解を考えます。入試問題で。この因数分解を使って解く問題が出題されること

高校数学のツボ。なので,≧ であることより, ≦/≦+ となることがわかる。 この
やり方は結構好きなのだが,, , の文字になったりすると途端に威力が下がる
ような気がするのだが,どうだろうか。 += という条件

4A^3+B^3≧A+B^34A^3+4B^3≧A^3+3A^2B+3AB^2+B^3左辺ー右辺=3A^3+3B^3ー3A^2Bー3AB^2=3A^2A-B+3B^2B-A=3A^2A-Bー3B^2A-B=3A^2ーB^2A-B=3A+BA-BA-B=3A+BA-B^2A、Bともに正なのでA+B>0、A-B^2≧0∴左辺ー右辺≧0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です