カントとマルクス カント主義マルクス主義か

カントとマルクス カント主義マルクス主義か。カント主義カントやそれに依拠する哲学の立場。カント主義マルクス主義か トランスクリティーク――カントとマルクス。カントからマルクスを読み。マルクスからカントを読む。移動と視差による批評
トランスクリティークによって。社会主義の倫理的=経済的基礎を解明し。資本=
ネーション=ステートを超えた社会への実践を構想する。英語版に基づいて改訂カント哲学とマルクス主義続。唯物論か観念論かの哲学における二大陣営の区別において。誰もがカントを
観念論者とみることは間違いない。彼立教経済学研究第三八巻四号ハ一九八五
年 八, ι位。 質。 制否実 限定在 住位性 空 主義 ε 室 ,;, &#; 口
。トランスクリティーク。何よりもカント?マルクスという水脈をいかに見いだしていくかという著者の
立場が哲学史の再検討にとどまらず,カントによってマルクスを読み,マルクス
によってカントを読む――社会主義の倫理的根源を明らかにし,来るべき社会に
向けて

岡本裕一朗:マルクス?ガブリエルの「新実存主義」とは何か。たとえば。「新実存主義」の考えを説明するため。その系譜として。次のように
語られている。 実存主義の伝統に連なる思想家として。カント。ヘーゲル。
ニーチェ。キルケゴール。ハイデガー。サルトルがいるカントとマルクス。近畿大学の柄谷行人教授は。もともと経済学専攻だったが。英文学に専攻を変え
ており。文学批評を越えて世界的な文明思想家となった。社会科学と人文学を
つなぎ。東洋人でありながらも西洋の合理主義をその内部から…

カント主義カントやそれに依拠する哲学の立場。一般に独断を退ける批判主義、事実と価値の峻別、超越論などによって特徴づけられる。マルクス主義マルクスとエンゲルスにより確立された思想体系。史的唯物論に立脚、人類史は生産力と生産関係の矛盾により展開し、資本主義も私的所有と社会的生産との矛盾から社会主義へ移行せざるをえないとする。そして歴史的発展過程での社会変革は階級闘争により実現するもので、資本主義社会の中で搾取され、疎外された労働者が社会主義社会の担い手として形成され、階級闘争を通じて社会主義?労働者解放を実現すると説く。ロシア革命をはじめ、社会主義運動?労働運動?民族解放運動の指導理論となり、現代社会に多大な影響を与える。マルキシズム。だそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です