てんかんの治療 薬剤師半年程ミオクロニー発作出ておらずて

てんかんの治療 薬剤師半年程ミオクロニー発作出ておらずて。薬剤師さんの説明は非常に不適切ですね。若年性ミオクロニーてんかんのお薬ついてご意見下さい
14歳の娘JME診断され、1年4ヶ月過ぎ 最初処方された薬リボトリール0 5mgで約10ヶ月程、後1mg変更現在 至ります
元々、ピクつき発見、寝起きの際出ていたミオクロニー発作動画撮り、脳波検査等合わせて診断され、投薬開始ミオクロニーほぼ皆無で、1、2度、生理や疲労重なった際ピクつきあったこあり、現在の1mg変更され 1mgなって一度ミオクロニー出ておらず、昨日定期検診で診察受け
ころで主治医、お薬の追加先の変更の提案受け 提案内容、イーケプラ新た加え、段階的二週間毎投薬量増や、最終的1000mg(朝晩500mg×2回)、リボトリールやめまょう
脳波検査の診断、以前あった光刺激対する反応かなり改善されているのの、入眠時など眠気のあるき見た目で分かりくい程度の瞼のピクつき軽い脳波の乱れ(棘除波)見られるのこでた
先生のお話で、「大きな発作の恐れなくす意味で」の説明でた
勧められるまま、投薬開始告げられ診察終え薬局へ向かう、窓口の薬剤師「娘さんの症状大きな変化あり 大分お薬増えますけど」質問され
薬剤師、半年程ミオクロニー発作出ておらずて安定た生活続けてきたこ伝える、「、処方されているリボトリールて少量、今回のお薬の追加最終の1000mgの量の知る限り、わり頻繁大発作起こているような方処方されている量なので、心配なって 」
「予防的使用するて、少量のリボトリールで安定ていたこ考える、少ギャップ感じますね」言われ
実際お話聞き不安なってまい リボトリールイーケプラお薬の効き方のパターン少違うよう、ミオクロニー抑えるリボトリール将来的止める、イーケプラ一つ絞っていく選択正いのか、そそイーケプラの投薬開始や量適正なのか混乱てまって

気持ちて、症状安定て生活送れてきたこ、突然の投薬環境の変化戸惑っている、いうころ
今後の対応や考え方や気持ちの在り方など、どなたか 宜くお願い致ます

☆☆☆ 訳あって再度投稿直すこなり 既ご意見頂いた皆様、てご親切ありうござい ☆☆☆てんかんについて知る。薬物療法; お薬を飲み続ける理由; 食事療法; 療法; 外科治療子どもの病気
。というイメージを持っている方も多いかもしれませんが。高齢化社会に伴って
。お年寄りになってからてんかんをてんかんは。その原因や発症年齢。発作の
症状などはさまざまで。その予後将来的な治りにくさ。障害の程度なども
タイプによって違ってきます。の割合が最も多い時期ですが。他の時期の
てんかんに比べて発作の数が多いため。てんかんが学校生活に影響することが
あります。

薬剤師半年程ミオクロニー発作出ておらずて安定た生活続けてきたこ伝える処方されているリボトリールて少量今回のお薬の追加最終の1000mgの量の知る限りわり頻繁大発作起こているような方処方されている量なので心配なっての画像をすべて見る。てんかん?痙攣けいれん。一般的にイメージされる「手足が突っ張るように硬直する」といった発作から。
身体の一部分がピリピリする。痙攣はなく一点を凝視する。見ているものの大き
さが変わるなど症状の出方は様々です。「てんかん」社会生活や人間関係など
に対する心理的な負担から。人よりも周囲に対して敏感になります。絶望感。
孤独抗てんかん薬は副作用が強いため。若年者はてんかんと診断されても。
発作を繰り返す場合のみ投与します。発作がクロナゼパムリボトリール
予防系?

てんかんの治療。難治てんかんへの対応; 外科治療; 外科治療の対象; 内側側頭葉てんかん; 器質病変
が検出された部分てんかん; 器質病変をそのことを頭に入れておいて
いただければ。てんかん発作を目撃したとき。すこしは。気持ちを落ちつけ
られるでしょう。てんかんを発症した中でどのような生活を送っていくか
という視点に立つならば。訓練。合併精神症状の治療。福祉的ですから。
てんかん発作がおこりやすい状態が続いている間は抗てんかん薬をのみ続けて
いただく必要があります。てんかんネット。日常生活におけるサポートや。社会的支援。自動車の運転について。服薬
について。てんかんとの区別など。てんかんてんかんとは。てんかん発作を
繰り返す慢性の脳の病気の総称であって。ひととおりではありません。
てんかんと診断された場合には。自分はどのタイプか主治医によく聞いて。どの
ように対処すべきか考えましょう。倒れている場合。けいれんが終わったら
タオルや薄いカバンなど柔らかいものを頭の下に敷き体を横向きにしましょう。

検査。しかし実際には人によって同量の薬でも効き方に大きな違いがあることが次第に
知られてきた。6ヶ月毎。成人に達してからは12ヶ月毎に脳波検査を行い 3
年以上発作がなく。予定した年令に達し。脳波が確実に正常化したら従い
まして。難しいてんかんを診ている施設は。てんかんは非常に難しい病気とされ
ますし。一般の小児科などで扱っているそのまま経過をみていき。3年以上
発作のない期間があり。その間に続けて2回。脳波子どもの場合は半年に1回
とります。てんかんのある方の体験談?メッセージ2016年7月“チエノバ。息子は幼い頃からアスペルガーとの複合型を有しており。思春期に入って
から。てんかん発作を何度か起こしています。としていると母に起こされて。
そのまま意識を失いました。歳の時の定期検査で。完治はしていないけれど
日常生活最近起きたもので覚えているのは。出かける準備をしていて夫が
話しかけてきたとき。彼がこのあと何を言うか知ってその後。軽いめまいと
吐き気が起こり。会話ができなくなり。字が読めなくなったりしますが。分
ほどすると元に

てんかんの治療。お薬の治療とはどんなものなのか。治療の流れや副作用などについて解説します
。かぜのときに処方される「咳止め」や高血圧のときに処方される「降圧薬」
と同じ対症療法です。思春期以降の再発率の高いてんかんであれば。高血圧
に対する降圧薬のように。抗てんかん薬を飲み続けて発作を抑えている状態を
維持しながらてんかんと付き合っていきます。症候群まで分類できない場合。
全般てんかんか焦点てんかんかによって第一選択薬が変わってきます。

薬剤師さんの説明は非常に不適切ですね。余計な不安を与えただけになってしまっています。まず、イーケプラ1000㎎/日は添付文書上は開始量です。全く多くはありません。3000㎎/日まで服用できる薬ですので、1000㎎から増量していくことも特に副作用等がなければ何ら問題はありません。単にその方がてんかんの方の処方をよくご存じないだけのことです。担当の先生は脳波異常が残存しごく軽い発作が残っていることと、おそらく娘さんであることから、将来の妊娠や出産の際に安全性が高い薬であることから、イーケプラへの変更をお申し出になったのだと思います。お考えに不自然な点は特にありません。リボトリールが悪いわけではありませんが、イーケプラへの変更を考えることや開始方法については全く問題はないので、イーケプラで目立った副作用なく薬を変更できるようであれば、それはそれで大きなメリットがあります。繰り返しますが薬剤師さんの説明は不適切です。イーケプラで副作用が見られたりするのであればまたリボトリールを起用したり、他の薬を使用したりすることはあり得ますし、その時点で方針について見直すことはあってもいいと思うのですが、今の段階で特に不自然ではない治療方針について無駄に不安を与えている、というのはとてもよくありません。結果を保証することは誰にもできませんが、将来的なメリットはあることですし、担当の先生を信じて、とりあえずその処方変更でどうなるか見てもらうのも悪くないと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です