ちろん早め着くの一番いいの前提て遅れたわけでないのなぜ失

ちろん早め着くの一番いいの前提て遅れたわけでないのなぜ失。10分前に行く事には、次の三つの意味があります。待ち合わせついて疑問

9時待ち合わせね約束て9時ぴったりついた場合失礼捉える人いる知り

そう思う心理の一つて、相手10分前ついてるのだ 、待たせてる事失礼だ思えって事らいの

ちろん早め着くの一番いいの前提て、遅れたわけでないのなぜ失礼だ思うのだろう、で自分勝手で 思ってまい
10分前行動非常礼儀正い行動だ思
けれど勝手やったこでよね
約束の時間遅れていないのでば問題ないので 思ってま
人合わないな思うこど、失礼ちょっいきすぎじゃないかな
じゃあ9時だったのか、

遅刻いうならわかるんけどね

ちなみ早め10前くらい着くよう行動するようて
でトラブルありぴったり着いたいう事度あるので、失礼思われていたのかな不安なり

10分前に行く事には、次の三つの意味があります。1 相手への思いやり → 待たせるのは申しわけない2 リスク管理 → 予期せぬ事で時間を費やすことがあるので早めに3 ビジネスマナー → 訪問先で身だしなみのチェック、目的の最終確認等失礼と思う人は、1と2の意味を理解せず、形だけをまねる人の発想で4 善意の押しつけ → 早く「来てやった」のに、人の気も知らないで定刻に来るとはと言うことです。4の発想をする人が、最も失礼な人です。あなたの感性が正しいのです。ちなみに、余裕のある人、心の広い人は、あなたが仮に遅刻してきて、「御免遅れて!ずいぶん待ったでしょ!」と謝っても、「自分も今来たばかりでね、二人とも遅刻だね!」と返してくれる人です。礼儀というより、まさに集合してからの偶発的なトラブルに対処できるように時間に“遊び”を持たせています。その為の10分前行動という事です。実際、待ち合わせ場所に着くまでに何らかのアクシデントによって約束の時刻ギリギリに着くという経験を個人レベルでもされていますよね。何事も予定通りに進むとは限らないので、物事には多少余裕を持たせることがベストとされます。逆に早すぎる時間に到着しても相手の方が準備を済ませられていないので急かす事になって失礼に当たると言うのは言わずとも解ると思います。だからこその時間幅設定だと言えるでしょう。とは言え、それは他人に押し付けていい価値観と言うわけでもありません。結果的に遅刻せずに着いたのであれば、責められる言われはありません。ただ、何故直前行動を意識するのかという理屈を考えられれば、より行動の取捨選択に余裕が持てるでしょう。予定時刻の後では時間的な融通は利かないですからね。ここら辺はセンスですね。私の父もそういうタイプです。「どうして早めに着くの?」と聞いたら「準備万端な自分をアピールする為」と言われ、うへぇ、、となりました。が、自身が社会に出てから、他人でも実際こういう行動をする人がいて、それが許されている、やる気を見せていると思われている、のも事実だと知る事になりました。この際、抗っても良いと思うし、ブツブツ言いながら長いものに巻かれろってセンスもあるでしょう。自分がある程度の齢になって、言いたい事を言えるようになったら「こういうセンスは意味ないから止めましょう」って言えば、皆が喜ぶと思います。

  • スカートニットスカートスカート あまねくんに嫌われない服
  • 英語の過去問です 英語の並び変えでこの2問が不安なので教
  • 6gx30包×10個 健康食品のCMに出てくる人は自己紹
  • 福知山市動物園 福知山動物園は公務員ですか
  • 老健と特養 特養と老健
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です